メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

傍観者の声でいじめ撲滅 「BE A HERO」プロジェクト

思春期が将来に向けて大切な時期を生きていると説明する「子どもの発達科学研究所」の和久田学さん=東京都港区の赤坂中学校で6月29日

 <kyoiku no mado>

 文部科学省の2016年度問題行動・不登校調査では、いじめ認知件数が前年度より10万件近く増え、過去最多の32万3143件に上った。「いじめをなくすために何ができるのか」。教育現場の長年の課題に対し、科学的な研究結果を生かし、いじめが起こらない集団を作ろうという取り組みが始まっている。いじめ撲滅のための授業が行われた中学校を取材した。【金秀蓮】

この記事は有料記事です。

残り2024文字(全文2214文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです