メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

傍観者の声でいじめ撲滅 「BE A HERO」プロジェクト

思春期が将来に向けて大切な時期を生きていると説明する「子どもの発達科学研究所」の和久田学さん=東京都港区の赤坂中学校で6月29日

 <kyoiku no mado>

 文部科学省の2016年度問題行動・不登校調査では、いじめ認知件数が前年度より10万件近く増え、過去最多の32万3143件に上った。「いじめをなくすために何ができるのか」。教育現場の長年の課題に対し、科学的な研究結果を生かし、いじめが起こらない集団を作ろうという取り組みが始まっている。いじめ撲滅のための授業が行われた中学校を取材した。【金秀蓮】

この記事は有料記事です。

残り2024文字(全文2214文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
  2. 芸能 被害女性は新井容疑者を俳優と分からず 熟練セラピストでショックで店辞める(スポニチ)
  3. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大
  4. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです