メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はたらく

注目集める「地域限定社員」

商品の陳列などを店のスタッフと確認する吉田明子さん(左)。笑顔を絶やさない姿が印象的だ=千葉県市川市のファミリーマート妙典駅西口店で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 「地方での働き方」に新しい潮流が生まれている。退社してI・Uターン移住し、農家に転身したり家業を継いだりする従来のパターンではない。脱サラせずに地方で暮らし、働く生き方だ。

 コンビニエンスストア大手「ファミリーマート」(東京都豊島区)。東京都や茨城県など関東地方でアルバイトをしていた30~50代の男女計5人が、昨年11月と今年5月、接客などの実力を買われ、複数の店舗やスタッフを指導・助言する本社採用の「地域限定社員」へと転身した。転勤がなく、住み慣れた故郷などで暮らしながら仕事ができるとして近年、注目を集める働き方だ。

 「まさか自分が社員になれるとは思わなかった」。笑いながら振り返る吉田明子さん(41)=千葉県市原市=は、5月から社員になった。勤務時間は午前9時から午後5時45分までで、担当エリアは約600店舗を擁する千葉県内。娘2人が高校3年生と中学3年生という「ダブル受験生」を育てる母親だ。「転勤があれば(社員になるのは)難しかった。家から通える範囲で働けると聞いたので、安心して引き受けられた」

この記事は有料記事です。

残り1977文字(全文2450文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 120度の高温で生息する微生物群発見 海底下1200メートル掘削調査

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 特集ワイド 菅首相の手法、強権的 有言実行、だから信じたが… 江田憲司・立憲民主代表代行

  5. 「自分が冤罪被害とは」事故1年後に逮捕の母 乳幼児揺さぶられ症候群

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです