連載

気になる!保育所

 いくつものハードルを乗り越え、やっと保育所に子どもを預けられる時代です。でも、実はよく知らないこと、ないですか? さまざまな切り口で現場から報告します。保育のあり方を、みんなで考えてみませんか。まずは「戸惑うようなルール」から--。

連載一覧

気になる!保育所

おむつ処分 予算がない?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
園児たちの使用済みオムツを敷地内のバケツへ捨てる保育所職員。ここから事業者が回収する=東京都文京区の向丘保育園で
園児たちの使用済みオムツを敷地内のバケツへ捨てる保育所職員。ここから事業者が回収する=東京都文京区の向丘保育園で

 保育所に通う子どもたちの使用済み紙おむつを、どう処分するか。再利用する布おむつが主流だった時代からの流れで、保護者に持ち帰りを求める施設は多いが、最近は衛生面などを考慮して、保育所側が処分する動きが広がりつつある。

 ●「持ち帰りは異常」

 「自転車にうんちを載せるのって異常では……」。東京都新宿区の女性会社員(39)は、どうにも疑問がぬぐえない。2歳の長女が通う認可保育所から使用済みおむつを持ち帰る日々だが、0歳児の時に通わせていた別の保育所では園側が処分していたため、転園時は驚いた。園の説明は「限られた予算を子どものために使いたい」。理解はできる。だが、帰り道に疲れてファミリーレストランへ寄った時などは落ち着かず、特に暑い季節は臭いが気になる。

 仕事用のパソコンに加え、汚れた服やタオル類、週1度持ち帰るシーツや布団など、ただでさえ荷物は多い。複数の子を預ける他の親はさらに大変そうだ。便に問題があれば保育士が教えてくれるので、帰宅後は中を確認せず捨てる。「成長しておむつが取れたら解決すると思って我慢してしまうけれど、持ち帰らずに済むならその方がいい」というのが正直な思いだ。

この記事は有料記事です。

残り1749文字(全文2243文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集