メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

殺害現場となったガソリンスタンド併設のカフェスペースの前で、カエム氏を悼む参加者たち

 見上げれば高層ビルの群れが空をふさぐほど並び、街を歩けばまばゆいネオンに包まれる。数年ぶりに訪れたカンボジアの首都プノンペンは、一瞬どこを歩いているのか分からなくなるほど目まぐるしく変わっていた。ただ私はその華やかさを、手放しで喜べずにいた。

 今月10日、政治アナリストのカエム・ライ氏が殺害されて2年がたつこの日に、彼が創始者でもある草の根民主党が街を行進した。元々は僧侶だったという参加者の一人は、この党から立候補し、選挙を戦うという。自分が暮らしてきた国が、自分の国ではなくなって…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文611文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  2. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 安田純平さん シリア拘束時 浮かんでは消えた「やりきれなかった仕事」
  5. 日米野球 日本が九回に2点差を逆転 通算3勝1敗に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです