メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

殺害現場となったガソリンスタンド併設のカフェスペースの前で、カエム氏を悼む参加者たち

 見上げれば高層ビルの群れが空をふさぐほど並び、街を歩けばまばゆいネオンに包まれる。数年ぶりに訪れたカンボジアの首都プノンペンは、一瞬どこを歩いているのか分からなくなるほど目まぐるしく変わっていた。ただ私はその華やかさを、手放しで喜べずにいた。

 今月10日、政治アナリストのカエム・ライ氏が殺害されて2年がたつこの日に、彼が創始者でもある草の根民主党が街を行進した。元々は僧侶だったという参加者の一人は、この党から立候補し、選挙を戦うという。自分が暮らしてきた国が、自分の国ではなくなって…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文611文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです