メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
殺害現場となったガソリンスタンド併設のカフェスペースの前で、カエム氏を悼む参加者たち

 見上げれば高層ビルの群れが空をふさぐほど並び、街を歩けばまばゆいネオンに包まれる。数年ぶりに訪れたカンボジアの首都プノンペンは、一瞬どこを歩いているのか分からなくなるほど目まぐるしく変わっていた。ただ私はその華やかさを、手放しで喜べずにいた。

 今月10日、政治アナリストのカエム・ライ氏が殺害されて2年がたつこの日に、彼が創始者でもある草の根民主党が街を行進した。元々は僧侶だったという参加者の一人は、この党から立候補し、選挙を戦うという。自分が暮らしてきた国が、自分の国ではなくなって…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文611文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 広島土砂災害3年 一つの墓に新婚夫婦とおなかの赤ちゃん

  2. 広島土砂災害 3年 刻む碑「三人いっしょ」 娘夫婦とおなかの命 今月、新しいお墓に

  3. しらかば帳 マンホール人気 /長野

  4. 履正社、投打かみ合い決勝へ駒 岩崎は10K・無四球完投 明石商は打線つながらず

  5. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです