メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

語り継ぐ

オウム事件と私/8止 社会が増長させた 元サンデー毎日編集長 牧太郎・毎日新聞客員編集委員(73)

牧太郎・毎日新聞客員編集委員=小林努撮影

 <1989年秋、サンデー毎日編集長として連載「オウム真理教の狂気」で教団を追及。最初のメディア報道だった>

 昭和天皇が亡くなりベルリンの壁が崩壊した年。イデオロギー対立が終わるような流れの中でタブーへの挑戦を掲げた時、読者から「オウム真理教という宗教団体に子供が入って帰ってこない」と訴えがありました。教団は「極限のお布施」を求め親の遺産も全部差し出せと説き、教祖の血を100万円で飲ませていた。でも、警察に相談すると「信教の自由だから何も言えない」と。タブーに挑戦しなければと思いました。

 <連載後、取材に協力した坂本堤弁護士一家がいなくなった。自身も狙われた>

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文870文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  4. 沖縄知事選 自民、引き締め躍起 野党「ステルス作戦」
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです