メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

語り継ぐ オウム事件と私

オウム事件と私/8止 社会が増長させた 元サンデー毎日編集長 牧太郎・毎日新聞客員編集委員(73)

牧太郎・毎日新聞客員編集委員=小林努撮影

 <1989年秋、サンデー毎日編集長として連載「オウム真理教の狂気」で教団を追及。最初のメディア報道だった>

 昭和天皇が亡くなりベルリンの壁が崩壊した年。イデオロギー対立が終わるような流れの中でタブーへの挑戦を掲げた時、読者から「オウム真理教という宗教団体に子供が入って帰ってこない」と訴えがありました。教団は「極限のお布施」を求め親の遺産も全部差し出せと説き、教祖の血を100万円で飲ませていた。でも、警察に相談すると「信教の自由だから何も言えない」と。タブーに挑戦しなければと思いました。

 <連載後、取材に協力した坂本堤弁護士一家がいなくなった。自身も狙われた>

この記事は有料記事です。

残り587文字(全文870文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです