メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Moment

東京五輪まで2年/1(その2止) 競技会場、営業に穴 テレビ機材設営で長期使用

報道陣に公開された建設中の新国立競技場。国産木材を使った屋根(右上)も一部組み立てが始まっている=東京都新宿区で2018年7月18日、和田大典撮影

 

開催自治体、収入減を懸念

 「競技日程は我々が言えば進むわけではなく、全体でバランスをとる必要がある」。18日深夜、国際オリンピック委員会(IOC)と調整に当たっていた大会組織委員会の中村英正スポーツ局長は厳しい表情だった。

 五輪放送サービス(OBS)の要求に対して、組織委も主張は通した。時間帯が近いアジア開催の2008年北京五輪は体操が午前の決勝だった。米国で人気があるとの理由だったが、今回は組織委の要望で夕方以降に実施される。日本のメダル有望競技を分散させて国内の盛り上げを図るため、レスリングも当初の大会前半から後半に変更。組織委関係者は「OBSはこれは譲る、譲れないという優先順位があった。競泳については決意が固かった」という。

 OBSの意向はさまざまな分野で大会準備に影響をもたらしてきた。最初に表面化したのは主会場の新国立競技場の完成時期だ。当初は20年春だったが、IOCから前倒しを求められた結果、19年11月末となり、工事日程が過密になった。テレビ映えする開閉会式や陸上など注目度が高い競技があるため、OBSが放送機材の設営など準備期間が必要と求めてきたためだ。

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文1020文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  3. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  4. ホンダvsセガサミー 第11日第1試合スタメン 決勝かけ14時から 都市対抗

  5. コロナで変わる世界 <医療編 インタビュー②>大山加奈さん コロナ禍での不妊治療「不安だったが待っていられなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです