メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

マスコットの名前決まる 子供たち「早く会いたい」

東京五輪マスコット「ミライトワ」(左)とパラリンピックマスコットの「ソメイティ」のぬいぐるみを手に笑顔をみせるマスコットハウスのスタッフ=東京都千代田区の東京ミッドタウン日比谷で2018年7月22日午後1時13分、倉沢仁志撮影

 2020年東京五輪・パラリンピックの大会マスコットの名前が22日に公表された。個性的な名前となったが、デザインを決める投票に参加した子どもたちは「日本らしさが出ている」「愛着が持てそう」と喜んだ。

 野球・ソフトボールの開幕戦が開催される福島市の市立吉井田小6年の国井美里さん(11)は五輪の「ミライトワ」について「漢字が組み合わさって日本らしい。特徴の近未来感も出ている。福島に来て、盛り上げてほしい」と声を弾ませた。この日、東京都内で行われた発表イベントに参加していた千代田区立千代田小4年の入山…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文625文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  5. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです