メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
熊本市動植物園

マサイキリンの小春死ぬ 猛暑も影響?

秋平の子育てを頑張っていた小春(左)=熊本市動植物園提供

 熊本市動植物園は22日、マサイキリンの小春(11歳、雌)が死んだと発表した。昨年10月に9歳で死んだ雄のリキとの間にできた子供を妊娠しており、園は帝王切開して子供を取り出したが助からなかった。8~9月の出産が見込まれていただけに園の飼育員らは落胆している。

 園によると、20日朝からふらついて体調が悪そうだったため安静にさせていた。21日午前10時35分ごろ寝室で倒れているのが見つかり、獣医師が治療したが間もなく死んだことが確認された。…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文551文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 米政府、異例の「失望」声明 韓国GSOMIA破棄に改善促す

  4. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです