メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

首都大学東京

「東京都立大」復活? 名称変更の検討開始

首都大学東京の荒川キャンパスの門。石原慎太郎元都知事の肝煎りで都が出資して2005年に開業した銀行は「新銀行東京」と名付けられた=東京都荒川区東尾久で2018年7月19日、市川明代撮影

 東京都立大など4大学を統合して2005年に開学した首都大学東京(東京都八王子市など)が名称変更の検討を始めた。学生から改称と知名度アップを望む声が上がっており、小池百合子都知事が「都立の大学と分かりやすく発信するため『東京都立大』にするのも一つ」と発言。十数年での「東京都立大」復活が現実味を帯びている。

 都政改革を検討する12日の庁内会議。首都大が昨秋に実施した学内アンケートで、回答した学生の46%が…

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文863文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです