メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

アレルギー対応が急務 避難所生活で悪化も

日本小児アレルギー学会のホームページ

 避難所生活が長引くと、アレルギー疾患を持つ人の症状が悪化することが心配される。日本小児アレルギー学会はパンフレットを作って対応を呼び掛けているが、ライフラインが回復しない環境で、現場からは「症状が出た後の対症療法しかできていない」との声が上がる。

 災害後の避難所生活では、食事の成分が分からず食物アレルギーのある人が食べられなかったり、がれき撤去などで出るほこりでぜんそくや鼻炎がひどくなったりする恐れがある。入浴やシャワーの機会が限られるため、アトピー性皮膚炎の悪化も考えられる。

 他の被災者のたばこの煙や、一緒に避難したペットもアレルギー反応の原因となり得る。東日本大震災など過…

この記事は有料記事です。

残り760文字(全文1052文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  2. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  3. 園児に「バカ」「ブタ」、押し入れに閉じ込め…保育園で暴言・体罰13件 福岡市が改善勧告
  4. 授業中、不必要に名前を連呼など 一部教員のいじめも認定 高2自殺再調査報告書 山口・周南市
  5. 姫路市立中学 講師、ストーブで女子生徒を殴る /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです