メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪

馬術の法華津 2度目の東京へ 出場なら79歳

2度目の東京五輪出場に意欲を見せる法華津寛=東京都内で2018年6月8日、宮本明登撮影

 2020年東京五輪は、24日で開幕まで2年となる。地元開催の五輪を目指す動きが活発化する中、2度目の「東京」に意欲を見せる選手もいる。1964年大会に出場した馬場馬術の法華津寛(ほけつひろし)、77歳だ。出場すれば79歳で、五輪史上最高齢記録を更新する法華津は「再び五輪が東京に戻ってくるのは感慨深い。体力が続く限り挑戦したい」と語る。【村上正】

 64年10月24日、東京五輪最終日。閉幕ムードが漂う中、法華津の五輪が始まった。当時の五輪憲章では、法華津の専門だった障害飛越は「閉会式前に主競技会場で行う」と定められていた。21番目に登場して国立競技場を見渡し、「そうか、こんなところでやるのか」と観客の多さに驚いたという。いくつかの障害を飛び越えたことは覚えているが、完走した記憶は、はっきりしない。23歳で臨んだ五輪は40位だった。

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文1017文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  2. 広島の山林遺体 男女3人を強殺容疑で再逮捕へ 金銭トラブルか 大阪府警

  3. 「桜」前夜祭 安倍氏周辺、補塡認める 「前首相には伝えず」 収支報告不記載

  4. 新型コロナ 「GoTo」 札幌・大阪市へ3週間停止 政府、解約料肩代わり

  5. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです