メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中印国境

軍にらみ合い一転雪解け 交易再開、観光客戻る

中国との国境そばにあるインド軍兵士の詰め所。昨年は兵士が多数いたが、現在は兵士の姿は見えない=インド北東部シッキム州で2018年7月11日、毎日新聞助手撮影

 インドと中国の国境地帯で、昨年6月から両国軍が2カ月以上にらみ合い、「中印国境紛争(1962年)以来の緊張」と指摘された。だが、今年に入り両国関係は急速に改善している。舞台となったインド北東部シッキム州の国境地帯を今月中旬訪れると、住民による中印の交易が再開し、観光客も戻るなど以前の風景を取り戻していた。両国は当面、領土問題などは棚上げした形で関係改善を図るとみられている。【シッキム州(インド北東部)で松井聡】

 シッキム州は、中印両軍が昨年にらみ合ったブータンのドクラム高地から約16キロに位置する。標高300…

この記事は有料記事です。

残り1756文字(全文2014文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉並のアパートで女性刺傷 搬送後に死亡、男が逃走か
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  4. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  5. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです