メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中印国境

軍にらみ合い一転雪解け 交易再開、観光客戻る

中国との国境そばにあるインド軍兵士の詰め所。昨年は兵士が多数いたが、現在は兵士の姿は見えない=インド北東部シッキム州で2018年7月11日、毎日新聞助手撮影

 インドと中国の国境地帯で、昨年6月から両国軍が2カ月以上にらみ合い、「中印国境紛争(1962年)以来の緊張」と指摘された。だが、今年に入り両国関係は急速に改善している。舞台となったインド北東部シッキム州の国境地帯を今月中旬訪れると、住民による中印の交易が再開し、観光客も戻るなど以前の風景を取り戻していた。両国は当面、領土問題などは棚上げした形で関係改善を図るとみられている。【シッキム州(インド北東部)で松井聡】

 シッキム州は、中印両軍が昨年にらみ合ったブータンのドクラム高地から約16キロに位置する。標高300…

この記事は有料記事です。

残り1756文字(全文2014文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 避難所が被災 孤立の住民ようやく救出 福島郡山 新たな雨に不安深く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです