福岡市動物園

動物たちに氷プレゼント

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
氷に抱きついたりかじりついたりして冷たさを喜ぶサルたち=福岡市中央区南公園の福岡市動物園で2018年7月22日午前11時、中村敦茂撮影
氷に抱きついたりかじりついたりして冷たさを喜ぶサルたち=福岡市中央区南公園の福岡市動物園で2018年7月22日午前11時、中村敦茂撮影

 1年で最も暑いころとされる大暑(23日)を前に、福岡市動物園で22日、動物たちに氷がプレゼントされた。暑さでバテ気味の動物たちのため1週間前から凍らせてきた。

 ニホンザル49匹が暮らすサル山では、飼育員らが果物入りの氷のブロック3個を置いた。サルたちは氷に抱きついたり、かじりついたりして冷たさを楽…

この記事は有料記事です。

残り87文字(全文237文字)

あわせて読みたい

注目の特集