メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三陸ウミガメ

「寒冷地仕様」代謝高く動き活発 東大分析

 北太平洋に生息し、三陸沖に現れるアカウミガメは、他の海域に生息する個体より代謝が高く、冷たい海でも泳ぎ回る「寒冷地仕様」であるとの分析結果を、東京大大気海洋研究所などのチームがまとめた。爬虫(はちゅう)類のアカウミガメは一般に、水温が下がると動きが鈍り、冬眠に近い状態になる。チームの佐藤克文・東京大教授(海洋生物学)は「三陸の海は餌が豊富なため、低水温でも活発に動いて成長する戦略を選んだのではないか」と話している。

 チームは2009~14年、小型の記録装置を付けて行動を追跡する手法「バイオロギング」で、三陸沖のア…

この記事は有料記事です。

残り520文字(全文780文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. 空自のF2戦闘機がレーダーから消える 山口県沖、搭乗の2人は見つかる
  3. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  4. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  5. ふるさと納税でアマゾンギフト券100億円 泉佐野市が総務省に対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです