特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ペットを連れた避難者向けのスペースで愛犬と過ごす藤原明美さん(右)と柴田重利さん=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月20日、幾島健太郎撮影
ペットを連れた避難者向けのスペースで愛犬と過ごす藤原明美さん(右)と柴田重利さん=岡山県倉敷市真備町地区で2018年7月20日、幾島健太郎撮影

 災害時の避難所ではペットとの避難生活も課題だ。ペットの鳴き声や衛生面でトラブルになりがちだが、西日本豪雨の被災地では、ペット同伴者の避難所や避難スペースを設ける動きが広がりつつある。被災者は「ペットは家族と一緒。離れるのは考えられない」と安心した表情を見せている。

 浸水被害がひどかった岡山県倉敷市真備(まび)町地区の避難所の一つ、市立二万(にま)小学校では、校舎2階の5年生の教室をペット同伴者専用に。床が汚れないようにブルーシートを敷き、エアコンや扇風機も完備し、暑さに弱いペットにも優しい環境だ。1歳のキャバリアと避難してきた藤原明美さん(43)は「室内で一緒に過ごせるので安心」と愛犬の体をなでた。避難してきたのは今月7日だが、「ペットはダメ」と言われ、冷房のない渡り廊下や屋外で寝起きしていた。見かねた獣医師らが避難所に掛け合い、15日から教室を使えるようになった。

 同市は21日から、真備町地区に隣接する玉島地区の市立穂井田(ほいだ)小にペット同伴者専用の避難所を開設。ペットを連れた一部の被災者が市外に避難していることがわかり、開設を決めた。体育館には養生シートを張り、ケージやペットフードも備え、9世帯22人、犬10匹が暮らす。ヨークシャーテリア(6歳)を連れて真備町地区から避難した山本英子さん(46)は「避難所で断られ、ずっと車の中で寝ていたが、ここでは足…

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文1156文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集