都市対抗野球

4番が最後に意地 JR西日本・田村

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【広島市(JR西日本)-東京都(JR東日本)】九回表広島市無死一、二塁、田村が左中間に適時二塁打を放つ=東京ドームで2018年7月22日、梅村直承撮影
【広島市(JR西日本)-東京都(JR東日本)】九回表広島市無死一、二塁、田村が左中間に適時二塁打を放つ=東京ドームで2018年7月22日、梅村直承撮影

 ○JR東日本(東京都)7-3JR西日本(広島市)●(準々決勝・22日)

 JR西日本の4番・田村が最後に意地を見せた。7点を追う九回無死一、二塁。JR東日本の3番手・玉熊(明治安田生命から補強)の甘く入った143キロをとらえて、左中間を破る適時二塁打とした。大体大出身の3年目で、新人から4番に座る。…

この記事は有料記事です。

残り81文字(全文231文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

次に読みたい

あわせて読みたい