特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第100回全国高校野球

新潟大会 決勝 新発田VS中越 きょう甲子園かけ対戦 /新潟

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 第100回全国高校野球選手権記念新潟大会(県高野連など主催)は23日、新潟市中央区のハードオフエコスタジアムで準決勝2試合が行われた。その結果、決勝の組み合わせは、中越と新発田に決まり、私立校と公立校の対決となった。常連校と半世紀を超えて甲子園の扉に手をかけた伝統校が、100回目の最後の戦いに挑む。【北村秀徳、井口彩】

 今年、創立122年を迎える伝統校、新発田が約60年ぶりに決勝に駒を進めた。新発田は、二回に先制したものの、四回に反撃にあい1点差まで詰め寄られた。しかし、リードを保ったまま終盤を迎えると小刻みに加点して勝利した。2度目の甲子園出場を目指した十日町は力尽きた。新発田の菅勝監督は「もう1試合エコスタで試合ができることに感謝しながら、決勝も全力で戦います」と意気込みを語った。

この記事は有料記事です。

残り1551文字(全文1899文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る