メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊手術 県、新公文書481枚開示 2人目の申請理由判明 /長野

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき、障害者らへの強制不妊手術が行われた問題で、県は毎日新聞の情報公開請求に対し、新たに関係する公文書計481枚を23日開示した。県ではこれまで長野保健福祉事務所(旧須坂保健所)の資料から手術を受けたとみられる女性に関する文書が確認されており、新たな資料からは、強制不妊手術を受けたことを確認できる2人目の手術の申請理由などが明らかになった。

 開示されたのは、80~85年に県優生保護審査会にかけられた男女3人と県女性相談センターで保護された…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  3. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです