メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漆黒を照らす

/63 誰にも起こりえる災害 被災者の声に耳傾ける /大阪

津波で打ち上げられた船=宮城県気仙沼市で2011年5月、玉本英子さん撮影

 先月起きた、大阪北部地震。私の住む地域も大きく揺れた。「大丈夫? とにかく余震に気をつけて」。すぐに連絡をくれたのが、木村理恵さん(48)だった。東日本大震災の被災者のひとりだ。

 7年前の3月11日午後、彼女は宮城県大崎市の職場にいた。突然、窓がガタガタと音を立て、地面が突き上げるように激しく揺れ始めた。コピー機が跳ねあがり、とっさに建物の外に飛び出した。遠くの山の杉林がゴムのようにうねり返っていた。

 電話やネットは不通になり、気仙沼の海岸そばに暮らす両親と連絡がとれなかった。津波被害や原発事故の情報が入ってくるようになると、地震の規模の大きさと被害の深刻さがわかってきた。気仙沼は津波で飲み込まれたようだ、と知らされた。

この記事は有料記事です。

残り1138文字(全文1453文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口達也容疑者「友人宅へ行く途中だった」 酒気帯び運転容疑 警官運転の車に追突

  2. 入手までの時間がカギ「緊急避妊薬をもっと簡単に」 コロナで不安の声高まる

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. ゆうちょ銀「mijica」で不正引き出し 54人の計332万円 送金機能を悪用

  5. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです