メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊手術 行政支援、個人情報の壁 提供可否、自治体判断分かれる 県、特定急務も手詰まり感 /鳥取

 旧優生保護法下で、障害者らに強制的な不妊手術が繰り返された問題は、県内で1人の生存が確認された。国や県の記録では少なくとも計23人に施術された可能性があるとみられ、県は行政支援に向けて各自治体の協力を得つつ全員の所在確認を急ぎたい考え。しかし県への個人情報の提供の可否を巡って、各自治体間で判断が分かれている。【阿部絢美】

 県条例は、市民らの個人情報は原則本人から収集しなければならないと定めている。特に要配慮個人情報(障…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10代前半の死因、自殺が1位 若者対策が喫緊の課題
  2. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  3. ORICON NEWS 中居正広、3年半ぶり『ワイドナショー』出演 松本人志「変な感じ」
  4. リゼロ テレビアニメ第2期の制作決定 ティザービジュアルにスバルとエミリア
  5. 「皇帝」の演目演じきった羽生、300点台の2位にも「負けは死も同然」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです