メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

患者塾

医療の疑問にやさしく答える あの頃の医療と今の医療と/2 /福岡

 ■今回のテーマ あの頃の医療と今の医療と

 「あの頃の医療と今の医療と」と題し、福岡県水巻町の遠賀中間医師会館で6月16日にあった第223回患者塾。外科手術の変遷や、更年期障害など婦人科系の治療の変化について、専門の医師がわかりやすく話した。【まとめ・長谷川容子】

 ◆大分市の女性(64)

 若い頃に子宮筋腫と帝王切開の手術をしました。おなかには縦に切られた跡が残っています。娘が良性の卵巣腫瘍で手術の予定ですが、今も同じ切り方ですか。

この記事は有料記事です。

残り1765文字(全文1982文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 北海道警ヤジ排除「法的根拠なく違法逮捕」元道警方面本部長・原田氏 発生3カ月 

  4. ORICON NEWS 令和初の高校サッカー応援歌は史上初づくし デビュー前の現役高1生・三阪咲を抜てき

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです