メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

患者塾

医療の疑問にやさしく答える あの頃の医療と今の医療と/2 /福岡

 ■今回のテーマ あの頃の医療と今の医療と

 「あの頃の医療と今の医療と」と題し、福岡県水巻町の遠賀中間医師会館で6月16日にあった第223回患者塾。外科手術の変遷や、更年期障害など婦人科系の治療の変化について、専門の医師がわかりやすく話した。【まとめ・長谷川容子】

 ◆大分市の女性(64)

 若い頃に子宮筋腫と帝王切開の手術をしました。おなかには縦に切られた跡が残っています。娘が良性の卵巣腫瘍で手術の予定ですが、今も同じ切り方ですか。

この記事は有料記事です。

残り1765文字(全文1982文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. 第91回選抜高校野球 きょう開幕 父追い、聖地に一歩
  3. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断
  4. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  5. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです