メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

患者塾

医療の疑問にやさしく答える あの頃の医療と今の医療と/2 /福岡

 ■今回のテーマ あの頃の医療と今の医療と

 「あの頃の医療と今の医療と」と題し、福岡県水巻町の遠賀中間医師会館で6月16日にあった第223回患者塾。外科手術の変遷や、更年期障害など婦人科系の治療の変化について、専門の医師がわかりやすく話した。【まとめ・長谷川容子】

 ◆大分市の女性(64)

 若い頃に子宮筋腫と帝王切開の手術をしました。おなかには縦に切られた跡が残っています。娘が良性の卵巣腫瘍で手術の予定ですが、今も同じ切り方ですか。

この記事は有料記事です。

残り1765文字(全文1982文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. 防府読売マラソン 川内が2年連続4度目の優勝
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. ORICON NEWS misonoの夫・Nosukeが闘病公表「精巣がんによる胚細胞腫瘍」
  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです