熊本城

石垣積み直し10万個 38年完了目指し作業開始 /熊本

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 熊本地震で被災した熊本城の大天守で23日、地震後初となる石垣の積み直し作業が始まった。崩落や損傷の被害を受け、積み直さなければならない石材は城全体で約10万個に上り、城を管理する熊本市は2038年の修復完了を目指している。

 この日は高さ45センチ、幅65センチ、奥行き51センチ、重さ約400キロの石材を大天守北側の石垣に仮置きする作業が報道陣に公開された。1日に最大10個を積み直し、12月までに…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

あわせて読みたい

注目の特集