メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

「改憲」か「地方」か 首相と石破氏、早くも火花

 通常国会が22日に閉会し、自民党内の総裁選への動きが本格化している。安倍晋三首相は憲法改正を掲げて総裁選に臨む考えを示唆。出馬に意欲を示す石破茂元幹事長は、安倍政権の経済政策「アベノミクス」の修正を訴える考えで、争点設定を巡り早くも火花を散らせている。【青木純、高橋恵子】

 首相は20日夜の記者会見で、「憲法に自衛隊をしっかりと明記し、責任を果たしていく決意だ」と述べ、憲法改正が総裁選の争点になると強調した。

 自民党内の改憲機運はしぼんでいるのが実情だが、首相があえて改憲を持ち出したのは、石破氏の9条改憲論に焦点を当てる狙いからだ。

この記事は有料記事です。

残り874文字(全文1143文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです