メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

異次元猛暑、深刻 熱中症の危険、屋内にも

 経験したことのない猛烈な暑さが日本列島を襲っている。毎日新聞の集計では18日以降に熱中症の疑いで亡くなった94人の9割が60歳以上で、高齢者が犠牲になった。屋外で農作業中に倒れた人も目立つ。専門家は「エアコンの使用や小まめな水分補給を」と厳重な注意を呼びかけている。

 毎日新聞の集計で判明した18~23日の熱中症の疑いによる死者は、東京26人▽埼玉9人▽大阪6人▽三重、兵庫各5人▽愛知、広島各4人--などの94人に上り、女性52人、男性42人だった。年代はいずれも40代以上で、80代が37人と最も多く、70代22人▽60代15人▽90代10人▽50代5人▽40代4人--と続いた。新潟県南魚沼市では自宅ベッドにいた103歳の男性が搬送され死亡が確認された。

 死者のうち、屋外で搬送されたり、発見されたりした人は少なくとも28人おり、多くは畑で作業中に倒れて搬送されていた。また、東広島市では豪雨で被災した男性(63)が自宅の片付け作業中に搬送されて死亡した。

この記事は有料記事です。

残り1664文字(全文2096文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内の新型コロナ感染者、新たに189人確認 最多更新

  2. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  3. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

  4. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  5. 次亜塩素酸水 手指消毒の有効性は「未確認」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです