メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

蔵書拝見

玉木雄一郎氏/下 「ブレア回顧録」 自己改革、野党こそ

 昨年11月に初めて党首(旧希望の党共同代表)になり、スマホを手放して読書する時間や、「何もしない時間」をむしろ増やした。同じ本でも読む時期で気づく点も違う。「ブレア回顧録」もそうだ。

 英労働党はブレア党首のもとで1997年に18年ぶりに政権を奪還した。保守党のサッチャー政権が輝いていた時代の裏側の労働党には興味を持っていた。いきなりブレア氏が出たのではなく、労働組合との関係見直しなどの絶えざる地道な自己改革の結果として政権に返り咲く。その過程が一人称で描かれている。

 党首・首相として悩み苦しみ心が揺れる状況を赤裸々に記し、リーダーしか感じない孤独や不安が正直に吐露…

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文1115文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです