メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

滋賀・日野町事件再審決定 心証にこだわりすぎた=山本直(大阪編集制作センター)

再審開始の決定を受け、垂れ幕を掲げる弁護士=大津市京町3の大津地裁前で11日、成松秋穂撮影

 滋賀県日野町で1984年に起きた強盗殺人事件「日野町事件」で、大津地裁は今月11日、無期懲役が確定し、服役中に死亡した阪原弘(ひろむ)さんの再審開始を認めた。阪原さんは逮捕から23年後の2011年3月に75歳で病死しており、死刑・無期判決が確定した事件で死後に再審が認められたのは戦後初めてだ。ようやく重い扉が開きかけているが、90年代にこの裁判を取材した私には、当時の1審・大津地裁の訴訟指揮がその後の混迷、長期化の主因のように思えてならない。そもそも最初の有罪の判断は、裁判所が心証にこだわりすぎた結果ではなかったか。

 阪原さんが逮捕されたのは事件から3年余りたった88年3月。当初の起訴状は、84年12月28日午後8…

この記事は有料記事です。

残り1698文字(全文2010文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 児童ポルノ容疑で元漫画家逮捕 匿名化通信「Tor」利用 京都府警

  3. 「おごりが出ている。あれだけやったら中止にもなる」首相地元の苦悩

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 自公連立20年 「統一野党対自公」なら必ず勝つ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです