特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 三浦弘行九段-阿久津主税八段 第2局の3

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

厳しい垂れ歩

 全体的なバランスでしのごうとする阿久津に、三浦は「7筋一点主義」という感じでこじ開けていく。その極め付きが[先]7三歩(本日終了図)の一手だ。ヘボな筆者は、苦し紛れに打ったのかと思ったが、とんでもない見当違い。この垂れ歩が実に厳しいのだ。

 よく見ると、[先]7二歩成をスマートに受ける手段がない。[後]8二飛は[先]7一角成、[後]6三銀は[先]5五桂。いずれも先手の攻めがつながる。三浦は当初、[後]7六歩[先]同銀[後]7一歩の受けを警戒していたという。しかし読…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文600文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集