メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日銀

金融緩和、副作用議論へ 修正観測、市場が反応

 日銀は30~31日の金融政策決定会合で、大規模金融緩和の副作用軽減策の検討を本格化させる見通しになった。超低金利政策の一段の長期化が避けられない中、金融機関の収益悪化懸念が強まっているためだ。ただ、政策の修正は金利上昇や円高を招いて市場に混乱をもたらす恐れがあり、日銀は困難な課題に直面している。【土屋渓】

 日銀は2%の物価上昇率を目標に、2013年から大規模な金融緩和を続けている。しかし、6月の消費者物…

この記事は有料記事です。

残り876文字(全文1080文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです