メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もう二度と

相模原殺傷事件2年 被告、今も主張改めず 19人の犠牲者ひとくくり 福祉専門家、面会重ね

静岡県立大短期大学部教授の佐々木さん=国本愛撮影

 相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者19人が殺害された事件から26日で2年になる。殺人などの罪で起訴された元職員、植松聖被告(28)=精神鑑定中=は「障害者は不幸をつくる」などと語った。発言の真意を確かめるため、今年、2人の福祉専門家が被告と面会した。【国本愛、水戸健一】

 4月、静岡県立大短期大学部の佐々木隆志教授(社会福祉学)は拘置施設を訪れた。透明の板越しに「あなたに福祉の気持ちを伝えたい」と話すと、植松被告は涙を浮かべ「ありがとうございます」と頭を下げた。被告に障害者福祉の意味や大切さを分かってほしいと思ったからだ。

 事件当日、知的障害がある息子(22)は「僕も殺される。植松が来るから鍵をかけて」とおびえた。障害のある子の親▽福祉を志す学生を育てる教員▽研究者--という三つの立場から、会って事件に至るまでの被告の分岐点を知りたい。昨年12月、そう記した手紙を送ると、翌月返事が届いた。

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文782文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 白石麻衣、純白ドレスで10分間の卒業スピーチ「乃木坂46でいられたことを誇りに」

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. 議場ではなく「劇場」にいるかと… 新人総理番が見た「代表質問」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  5. 講談社の「本」休刊へ 理由の詳細説明は最終・12月号で 76年創刊

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです