メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

憲法適合性見解示さず 国賠訴訟で国側方針

 旧優生保護法(1948~96年)によって15歳で不妊手術を強制されたのは違憲だとして、宮城県の60代女性が仙台地裁に起こした国家賠償請求訴訟で、国側が旧法が憲法に適合していたか否かの見解を明示しない方針であることが関係者への取材で明らかになった。「法律の合憲・違憲は裁判所が判断すべきことだ」との考えに基づく方針とみられる。

 原告側は旧法を「違憲だった」と主張。国側は憲法適合性に言及していないため、地裁は先月13日の第2回…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文497文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県下越で震度6強 新潟、山形、石川に一時、津波注意報
  2. 震源は「日本海東縁ひずみ集中帯」 逆断層型、繰り返し発生 新潟震度6強
  3. 日本海側、過去にもM7クラスの地震 津波で死者も 新潟震度6強
  4. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  5. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです