メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

多様な性、みんなで考えよう

性の多様性に関する学習会で講演する鈴木茂義さん=東京都千代田区の首都大学東京秋葉原サテライトキャンパスで

 性的少数者(LGBTなど)への社会の関心が高まり、ニュースで目にする機会が増えてきた。子ども自身や学校の友達、その親が当事者の可能性もある。子どもに性の多様性について教えるにはどうしたらいいのか。

 ●子どもの中に教材

 「先生は男なのに私って言った。変なの」「あなたは自分のことを何と言うの」

 東京都内で6月にあった性の多様性に関する学習会。小学校で非常勤講師をしている鈴木茂義さん(40)は、4年生の算数の時間にあった女子児童とのやり取りを紹介した。「私は女の子だから私って言うよ。普通だし居心地がいいから」と答えた女児に、鈴木さんは「働いていると男女に関係なく私と言うことはある。自分をどう表すか自分で決める点で先生と一緒だね」と答えた。女児は納得した様子だったという。

 鈴木さんは同性愛者であることを周囲に公表し、LGBTと教育について考える会を開催している。学校現場…

この記事は有料記事です。

残り1267文字(全文1654文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「僕たちの未来がなくなる」 気候変動対策強化求め若者ら東京・渋谷でデモ 

  4. 日本、ロシア破り開幕戦制す 松島快走3トライ 2大会連続白星発進 ラグビーW杯

  5. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです