メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタルで学ぼう

スマホ動画で泳法分析 都立墨田川高水泳部の取り組み

マネジャー(左)がカメラを付けた一脚を水中に沈め、プールサイドを歩いて撮影する=東京都立墨田川高校で13日

 トップスイマーの世界では長く行われている動画を使った泳法分析。スマートフォンの普及で、高校のクラブ活動でも手軽に動画を活用できるようになった。少ない練習時間を効率的に使って上達を見込める利点もある。東京都立墨田川高校水泳部の取り組みを紹介する。

 ●フォームを客観的に見る

 「今日、動画を撮った人は持って帰って」。墨田川高のプールサイドで13日、顧問の椋本哲也教諭が声をかけた。生徒らは制服に着替えた後、タブレット型端末の周囲に集まり、自分が映っている動画を探してスマホにコピーしていく。

 自分のフォームを客観的に見ることは上達の役に立つ。練習中は主に水中の動画を撮影するが、椋本教諭は、市販の小型防水カメラを一脚に装着し、水に沈めて撮影しやすいように工夫。泳ぐ速度に合わせてプールサイドを歩きながら、前後や真横から撮影できるようにしている。

この記事は有料記事です。

残り1268文字(全文1639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京メトロ東西線の線路上に支障物 一時全線運行見合わせ 飯田橋駅付近

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 「富士山ビュー特急」運転席でふれあい 富士急イベントに親子連れが参加 山梨

  4. ヘイトスピーチ反対運動続けた崔江以子さんらに人権賞 罰則条例制定に貢献 東京弁護士会

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです