メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタルで学ぼう

スマホ動画で泳法分析 都立墨田川高水泳部の取り組み

マネジャー(左)がカメラを付けた一脚を水中に沈め、プールサイドを歩いて撮影する=東京都立墨田川高校で13日

 トップスイマーの世界では長く行われている動画を使った泳法分析。スマートフォンの普及で、高校のクラブ活動でも手軽に動画を活用できるようになった。少ない練習時間を効率的に使って上達を見込める利点もある。東京都立墨田川高校水泳部の取り組みを紹介する。

 ●フォームを客観的に見る

 「今日、動画を撮った人は持って帰って」。墨田川高のプールサイドで13日、顧問の椋本哲也教諭が声をかけた。生徒らは制服に着替えた後、タブレット型端末の周囲に集まり、自分が映っている動画を探してスマホにコピーしていく。

 自分のフォームを客観的に見ることは上達の役に立つ。練習中は主に水中の動画を撮影するが、椋本教諭は、市販の小型防水カメラを一脚に装着し、水に沈めて撮影しやすいように工夫。泳ぐ速度に合わせてプールサイドを歩きながら、前後や真横から撮影できるようにしている。

この記事は有料記事です。

残り1268文字(全文1639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  3. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです