メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岐路の風景

絵本原画展の風 子供向けからアートへ 「ボローニャ展」移入

イタリア・ボローニャの絵本原画コンクールで注目され、人気絵本作家となった三浦太郎さん。最初に出した絵本『LE SUIS…」はスイスの出版社から刊行された。机手前の作品原画は初入選時の1枚=東京都内の自宅で、2018年6月29日、岸桂子撮影

 美術展で、老若男女が楽しめるジャンルの一つは絵本原画展だろう。特に夏休みを挟むこの季節は、全国の美術館で趣向を凝らした絵本原画展が開かれる。その始まりは40年前の1978年、兵庫県・西宮市大谷記念美術館(以下、大谷美術館)の「イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」(以下、ボローニャ展)だ。その求心力の背景を考えようと、ゆかりの作家を訪ねた。【岸桂子】

この記事は有料記事です。

残り1847文字(全文2023文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 首相答弁、15項目10分 野党不満噴出 参院代表質問

  3. 第75回毎日映画コンクール 大賞「MOTHERマザー」 優秀賞「アンダードッグ」

  4. 余録 退任間近の大統領…

  5. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです