北方領土

空路墓参 露が衛星携帯没収 元島民ら慰霊式

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 北方領土の空路墓参が22、23両日行われ、元島民ら70人は1泊2日で択捉、国後両島計3カ所で慰霊式を執り行った。入域手続きで日本政府関係者と報道関係者の衛星携帯電話がロシア側に没収され、空港で約3時間足止めされるトラブルがあった。

 墓参団は22日、国後島の霧による視界不良で中標津空港を約1時間20分遅れで出発。外務省などによると、到着した国後島のメンデレーエフ空港でロシアの国境警備隊などが…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文494文字)

あわせて読みたい

注目の特集