メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪音頭

伊豆市で練習始まる 自転車競技会場

 ♪ハアー リオデジャネイロで ながめた月が きょうは 都の 空照らす

 東京五輪開幕まであと2年となった24日、自転車競技会場の静岡県伊豆市の東京オリンピック・パラリンピック推進課職員ら約40人が「東京五輪音頭-2020-」の練習を市役所で始めた。8月1日の修禅寺盆踊り、2日の修善寺駅前まつりなどで披露する。

 「東京五輪音頭-2020-」は、1964年の「東京五輪音頭」の歌詞を変え、石川さゆりさん、竹原ピストルさんらが歌う。踊りは「キビキビ踊ろう」「ゆうゆう踊ろう」「車いすバージョン」の3種あり、この日はお手本を映した画面を見ながら、ゆっくり踊る「ゆうゆう」を練習した。初日とあり、息の合った振り付けとはいかないが、頭上に輪、両手でピースなどの決めポーズがそろうと笑顔がはじけた。

この記事は有料記事です。

残り73文字(全文416文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  2. 新型コロナ感染、福岡市の女性死亡 九州の感染者で初

  3. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  4. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

  5. 新型コロナ 県内感染者「3次」含む8人に 富山のケアマネら 氷見の職安、当面閉庁 /富山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです