メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

民事裁判

ITで迅速化 有識者らが初会合

民事裁判IT化のイメージ

 当事者の負担やコストの低減、手続きの迅速化などを目指す民事裁判のIT化について、法務省は24日、有識者でつくる「民事訴訟手続等IT化研究会」の初会合を開いた。IT化を図る範囲などを検討し、2019年度中に法制審議会(法相の諮問機関)に民事訴訟法改正などを諮問する方向だ。

ネットで訴状/記録も電子化

 民事訴訟は現在、裁判の当事者や弁護士が訴状や答弁書といった書面を裁判所に持参するか、郵便やファクスで送る必要がある。一方、米国や韓国などではオンラインでの書類のやりとりや裁判記録の電子化が普及している。経済界を中心に「日本は後れを取っ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ
  5. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです