メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハンセン病訴訟

原告敗訴 非入所者遺族の二審判決

 ハンセン病患者で療養所に入らず亡くなった「非入所者」女性の息子(72)=鳥取県=が、国の強制隔離政策などで母親と同様に家族も偏見や差別の被害を受けたとして、国と県に計1925万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、広島高裁松江支部(栂村明剛裁判長)は24日、一審に続き請求を退けた。

 2015年9月の一審鳥取地裁判決は、一般論として「国は遅くとも1960年には患者の子どもに対する社会の偏見を排除する必要があった」と行政責任に言及。一方、原告男性については(1)母親のハンセン病罹患を死亡前に認識…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文627文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです