メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラジオドラマ

早世の卒業生の話、後輩が制作、全国大会へ

全国大会に向けて編集作業をする安藤瑠那さん(中央)ら=広島県福山市で2018年6月29日、李英浩撮影

 「今の自分から一歩踏み出してくれたら……」「先輩の声がする。私を応援していてくれたんだ……」--。広島県福山市の市立福山高放送部が、3年前に19歳で亡くなった卒業生の実話を基にラジオドラマを制作した。約2年がかりの完成作は、全国コンクールの県代表に選ばれ、都内で24日から開かれる全国大会へ。監督を務めた3年、安藤瑠那(るな)さん(17)は「『生きた証しを忘れてほしくない』という家族の思いを伝えたい」と意気込んでいる。

 モデルとなったのは、2014年に19歳で亡くなった東(ひがし)夏南帆(ななほ)さんと弟の七海人(な…

この記事は有料記事です。

残り886文字(全文1147文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです