メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域生活定着支援センター

「出所者の継続支援困難」2割

 矯正施設を出所したものの、自立することが困難な障害者や高齢者を支える全国48カ所の「地域生活定着支援センター」のうち、少なくとも2割は、出所者を継続して支援することが困難な状況にあることが毎日新聞のアンケートで明らかになった。慢性的な資金不足が理由で、中には寄せられた相談や経費がかかる仕事を断念したと回答したセンターもあった。【田中理知】

 アンケートは今年3月以降、全国の48施設を対象に実施。書面や聞き取りで、30施設から有効回答を得た。

この記事は有料記事です。

残り1001文字(全文1223文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡、長崎、佐賀に大雨特別警報 数十年に1度の規模、警戒呼びかけ

  2. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  3. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

  4. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  5. 木下優樹菜さん引退 所属事務所が発表 1日に活動再開したばかり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです