メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中部電力

「固定価格買い取り制度」来年11月以降も継続

 中部電力は23日、太陽光など再生可能エネルギーで発電された電力(10キロワット未満)を電気事業者が一定価格で買い取る「固定価格買い取り制度」の義務期間が順次満了を迎える来年11月以降も、買い取りを継続すると発表した。制度上、満了後は原則無償引き取りとなるが、中部電は買い取りを継続する。買い取り価格は未定。

 これに伴い、中部電は来年11月から、顧客自ら発電した電力を好みの方法で取引できるサービス「これから…

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文390文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  3. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  4. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです