メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猛暑

飲料、エアコン販売急増・・・家計消費を押し上げ 

「猛暑に負けるな」と呼びかけてアピールするエアコン売り場=東京都千代田区のビックカメラ有楽町店で2018年7月23日午後4時57分、竹地広憲撮影

 全国的な猛暑で、ビールや清涼飲料水、エアコンなどの販売が急増している。涼しさを求めたプールの来場者なども増えており、この夏の家計消費を押し上げそうだ。暑さはしばらく続く見込みで、企業は増産を急ぐなど需要取り込みに懸命だ。

 キリングループは需要の急増を見込み、ビール「一番搾り」などを昨年に比べ1~4割増産する計画。塩分を補給できる清涼飲料水「世界のキッチンからソルティライチ」の7月の販売量は23日現在で前年比で約2割増えたという。サントリー食品インターナショナルも7~8月、茶やスポーツドリンクなどを例年より15%増産して需要の高まりに備える。

 家電量販店も好調ぶりを見せる。ビックカメラではエアコンの売り上げが前年同期より6~7割ほど伸びてい…

この記事は有料記事です。

残り639文字(全文963文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです