メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あおり運転

堺の大学生死亡、追突の運転手を殺人罪で起訴

 堺市で今月2日、あおり運転をする乗用車に追突され、バイクに乗っていた大学4年の高田拓海さん(22)が死亡した事件で、大阪地検堺支部は23日、警備員の中村精寛容疑者(40)を殺人罪で起訴した。追突時の時速は約100キロに達しており、同支部は衝突すれば高田さんが死ぬかもしれないという「未必の故意」があったと判断した。あおり運転による死亡事故で殺人罪が適用されるのは異例だという。

 起訴内容は2日午後7時半ごろ、堺市南区の府道で高田さんのバイクに追い抜かれたことに立腹して追跡。時…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです