メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校柔道

南筑が2年連続2回目の優勝 金鷲旗大会・女子

決勝で、大成の大将・佐藤(右)を攻める南筑の素根=福岡市博多区のマリンメッセ福岡で2018年7月23日午後2時8分、野村和史撮影

 抜き勝負の5人制団体で争う高校柔道の金鷲旗大会は23日、福岡市のマリンメッセ福岡で女子決勝があり、4月の全日本女子選手権を制した素根輝(あきら)を擁する南筑(福岡)が大成(愛知)を破り、2年連続2回目の優勝を果たした。世界選手権(9月・バクー)52キロ級代表の阿部詩が欠場した夙川学院(兵庫)は準決勝で南筑に敗れた。

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文711文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いきものと生きる バッタ 海を渡る=五箇公一

  2. 月刊・時論フォーラム 馬毛島の基地計画/弾劾訴追/養鶏と政治

  3. 社説 11年ぶりに自殺者増加 コロナ下こそ届く支援を

  4. 社長ではなく総務部長? 安倍政権の大番頭「危機管理の菅」とは何だったのか

  5. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです