メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東証、一時1000円超安 新型コロナ拡大懸念で
ベンチャー

食べログ評価などで融資可否を判断 「レンディ」社長に聞く

取材に応じる「クレジットエンジン」の内山誓一郎社長=東京都品川区の同社で2018年7月10日、高山純二撮影

 小規模事業者向けオンライン融資サービス「レンディ」が注目されている。借り主が利用している銀行のインターネットサービスやクラウド会計のほか、食べログの評価やアマゾンの売り上げなどのデータをもとに融資の可否を判断。最短で申し込み翌日に融資できるという。サービスを展開するベンチャー企業「クレジットエンジン」(東京都品川区、従業員7人)の内山誓一郎社長(34)にサービスについて聞いた。【統合デジタル取材センター/高山純二】

この記事は有料記事です。

残り1085文字(全文1295文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 東京ディズニーランドとディズニーシー休園へ 29日から3月15日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです