メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Jプロツアー

鈴木龍が今季2勝目、最後は写真判定に 第15戦

9人が先行して残り1キロ=JBCF提供

[PR]

 自転車ロードレースの国内最高峰シリーズ、Jプロツアー第15戦「やいた片岡ロードレース」は22日、栃木県矢板市石関周辺特設コースにて85.6キロで行われ、鈴木龍(宇都宮ブリッツェン)が2時間1分30秒で優勝した。2位はアイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)、3位は入部正太朗(シマノレーシング)。総合首位は窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング )。

 第15戦は、栃木県矢板市での「やいた片岡ロードレース」。前日の大田原クリテリウム同様に今年2回目の開催となる大会は、JR片岡駅の目の前が会場という国内レース随一のロケーションを誇る。今年は駅前ロータリーがコースの一部となり、正真正銘、駅から0分のレース会場が実現した。

後続集団をコントロールする宇都宮ブリッツェン=JBCF提供

 この日も35度を超える暑さが予想されたため、1周10.7キロのコースを9周で行われる予定だったP1クラスタは8周85.6キロに変更して行われた。

 1周目、コース後半のアップダウン区間に入ると、飛び出しを図る動きが活性化。その動きの中から、2周目に安原大貴(マトリックスパワータグ)、渡邉歩(EQADS)、小山貴大、中田拓也(シマノレーシング)の4人が先行。後続集団との差は一気に45秒まで開く。

5周目から単独で先行した岡篤志(宇都宮ブリッツェン)=JBCF提供

 5周目、宇都宮ブリッツェンがコントロールする後続集団との差が30秒前後まで縮まったところで、数人が飛び出して追走集団を形成。その中から、岡篤志と雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)の2人が先頭集団に合流する。さらに佐野淳哉(マトリックスパワータグ)や織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)らが続いて合流。続けて後続集団も先頭集団に追いつく。

最終周回、岡篤志(宇都宮ブリッツェン)を吸収した集団は30人ほどまで絞られた=JBCF提供

 その直後、岡が単独で飛び出して30秒先行。後続集団はシマノレーシングとマトリックスパワータグが牽引して追走し、最終周回の8周目、残り7キロで岡を吸収する。その直後、アイラン・フェルナンデス、(マトリックスパワータグ)、鈴木龍(宇都宮ブリッツェン)、入部正太朗(シマノレーシング)、西尾勇人(那須ブラーゼン)らを含む9人が先行。最後は写真判定になるほど僅差のスプリント勝負となり、鈴木龍が優勝。前週の第13戦石川サイクルロードレースに続く今季2勝目を挙げた。(文・写真 JBCF=一般社団法人全日本実業団自転車競技連盟提供)

写真判定となったスプリント勝負を制した鈴木龍(宇都宮ブリッツェン、右から2人目)=JBCF提供

■第15戦やいた片岡ロードレース結果(85.6キロ)

1位 鈴木龍(宇都宮ブリッツェン)2時間1分30秒

2位 アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)+0秒

3位 入部正太朗(シマノレーシング)+0秒

4位 西尾勇人(那須ブラーゼン)+0秒

5位 米谷隆志(LEOMO Bellmare Racing Team)+1秒

6位 木村圭佑(シマノレーシング)+5秒


Jプロツアーリーダー 窪木一茂(チームブリヂストンサイクリング)

U23リーダー 織田聖(弱虫ペダルサイクリングチーム)

表彰式(左から)2位・アイラン・フェルナンデス(マトリックスパワータグ)、1位・鈴木龍(宇都宮ブリッツェン)、3位・入部正太朗(シマノレーシング)=JBCF提供
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 判決に涙を流した周庭氏 禁錮10月の実刑で初の収監、保釈申請も却下 香港

  2. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  3. 決勝はホンダvsNTT東日本 ともに3回目の優勝目指し、3日対戦 都市対抗

  4. セガサミー「助っ人ルーキー」大内が躍動、充実感も 「来年は自チームで」 都市対抗

  5. 偽の「市長意見書」を離婚訴訟で証拠提出 容疑の福知山市職員逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです