メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

イバンカブランド終了 利益相反批判回避か

イバンカ・トランプ氏

 【ワシントン高本耕太】米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)など米メディアは24日、トランプ米大統領の長女イバンカ補佐官が、自身の名前を冠した衣料・服飾ブランド「イバンカ・トランプ」を終了させると報じた。同ブランドはトランプ一家のビジネスと公務との「利益相反」の代表例として再三、批判の対象となってきた。

 イバンカ氏は2017年のトランプ政権発足後に無報酬の大統領補佐官としてホワイトハウス入りして以降、…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文469文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
  4. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです