メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「沖縄スパイ戦史」公開 裏の沖縄戦、暴く 軍隊の本質描く 少年兵にスパイ教育

映画で使われた、米軍に投降する沖縄の少年兵(右端と右から2人目)の写真=「沖縄スパイ戦史」製作委員会提供

 1945年の沖縄戦の知られざる側面を描いたドキュメンタリー映画「沖縄スパイ戦史」が完成し、21日から沖縄県で上映が始まった。沖縄のテレビ局出身の女性監督2人が、少年たちが動員された「秘密戦」や、八重山諸島の「戦争マラリア」の真相に迫り、戦争や軍隊の本質を浮かび上がらせた力作。全国でも順次公開される。【福永方人】

 沖縄戦では、本島南部の激戦が45年6月に終わった後も、北部では10代の少年たちが動員された「護郷(ごきょう)隊」によるゲリラ戦が続いていた。護郷隊を率いたのは、スパイを養成する東京の「陸軍中野学校」から送り込まれた青年将校たちだった。

この記事は有料記事です。

残り586文字(全文861文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 官邸主導トップダウンできしみ 内閣官房健康・医療戦略室 vs 医療現場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです