メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展示会

洋画家・藪野健さんの画業振り返る 早大會津八一記念博物館

自作の前に立つ洋画家・藪野健さん=東京都新宿区の早稲田大で、栗原俊雄撮影

 洋画家で早稲田大名誉教授の藪野健さんの画業を振り返る「記憶の扉を開けて」が同大會津八一記念博物館(東京都新宿区西早稲田1)で開かれている。

 藪野さんは1943年、名古屋市生まれ。日本芸術院会員で二紀会副理事長、府中市美術館館長も務めている。20歳で油絵を始め、同大大学院修士課程美術史専攻修了後、スペイン・…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文387文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです