メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナビゲート2018

色分けギフトとの闘い=山内マリコ(作家)

 先日、友人の出産祝いギフトという、慣れない買い物をした。

 赤ちゃん向けギフトコーナーは、ピンクとブルーに色分けされている。黄色も申し訳程度に用意されているけど、あくまでピンクは女の子の色、ブルーは男の子の色という共通認識だ。

 友人のところの赤ちゃんは男の子。じゃあブルー一択でいいかというと、これがそうでもない。ピンクとブルーの性別色分けに、強い抵抗感のある人もいるのだ。さっそく襲いかかるジェンダーバイアスの荒波から、わが子を守りたいと、彼らは闘っている。100%善意で、孫に無神経な色分けギフトを贈ってしまう祖父母世代と。

 『女の子は本当にピンクが好きなのか』(堀越英美著)によると、ピンクが今ほど女の子の色として定着した…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文713文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  4. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  5. 沖縄知事選 台風24号影響、一部で投票日繰り上げ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです