メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカス

吉岡秀隆 ドラマ「悪魔が来りて笛を吹く」、金田一耕助役 金田一は役者の原点

吉岡秀隆さん=宮武祐希撮影

 横溝正史の推理小説をドラマ化した「悪魔が来りて笛を吹く」で名探偵、金田一耕助を演じる。吉岡秀隆にとって、金田一は“原点”。子役時代、渥美清が金田一を演じた「八つ墓村」(1977年)で映画デビューした。「泣きながらこっちに走って来るんだよ、という場面を(野村芳太郎監督に)何度もやらされたのを覚えている」彼にとって、金田一の役は「どこかで意識していた。胸にとげのように刺さっている役」。尊敬する先輩と同じ役に「(天国の渥美は)にこにこ笑ってくれていると思います。報告? できないです、畏れ多くて」と苦笑いする。

 銀座の宝石店で毒を使った殺人事件が起き、容疑者とされた旧華族の男性が死を選ぶ。金田一は無実を信じる娘(志田未来)の依頼で、邸宅で行われる奇妙な占いに立ち会う。石坂浩二や古谷一行らも演じた役だが、「全員が全員、違う金田一。誰か(が演じた金田一)に寄せていかないように、というのがあった。金田一だからと力が入ると、『コスプレ』になってしまうと思った」。

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文858文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです